喪服を着た女性

遺言を残す

人は、必ずしも死を迎えるものです。その死が、事故や病気と原因は様々でしょう。その時のために用意しておきたいものがあります。それは、遺言書です。遺言書によって、残された家族に何を残せるかを決めておく必要があります。その、遺言作成には様々な注意点があります。遺言作成は、プロでも難しい分野だと言われているため注意を払い作っていくことが大切です。遺言作成は民法という法律において書き方が定められてはいます。法律に則り遺言作成をすることは、法律を理解していれば可能でしょう。しかし、その遺言書が残された遺族にとってほんとうの意味で最適なものかは別問題になってきます。司法書士や弁護士に依頼をして遺言成作を行なうことが出来ます。専門家が作成した遺言書なので、もちろん相続などに関して無効ではありませんが、本来の目的を達することが出来ない場合も非常に多く見られています。

遺言作成が難しい訳は、様々な要因があります。やはり、遺言作成時期は生存していて、死亡するまでの間様々な事が要因で遺言者自身の心に変化が起きてしまうためです。作成時には問題がなくても、月日が数年と流れてしまえば何らかの変化が起きてしまい不都合が生じてくるのです。遺言書の大きな目的とされる、財産分与も遺言者の財産内容及び評価がこれも、月日が流れると変化してきてしまい不都合が生じます。また、遺言者自身の気持ちが不安定であり整理できない場合があるなど遺言作成において様々なことを考慮して作っていく必要が有るため、遺言作成は難しいと言えます。

作成の種類

遺言作成を行う際には、注意が必要になります。正しい方式で作成を行わないと、遺言書が無効になるためです。遺言書を作る際には普通方式と特別方式というのがあり普通方式には複数の書き方が存在します。

Read More...

気軽に書ける

遺言作成で自筆証書遺言を書く際に、特に決まった紙やペンはありません。しかし、長期保存をする必要がるため耐久性の紙を使い疑いを少しでも無くすために消せるボールペンや鉛筆の使用は避ける必要があります。

Read More...

法律で決まっている

遺言作成において、法律で記入する内容がしっかりと決められています。様々なことを記入しなくてはならないので、自分で書くのは非常に大変ですそこで公証人を立てて公正証書遺言をするとスムーズに制作を行えます。

Read More...